過払い金と債務整理

|

債務整理を行う時に過払い金が発生している事に気づくことがあります。

金融機関はできる限り多くの利子を取って利益を得ようとします。利子に関しては二つの法律で定められています。しかし、それらの法律で決められた利子の上限金額は違います。そのため、曖昧な部分が出てきます。

そして、知らない間に不要な分の利子まで支払わされている事があります。
その事を過払いと言います。

過払い金が発生しているかどうかの確認は債務整理を行う前に確認した方が良いでしょう。

過払い金は多くの人に発生していますが、気がつかないでそのままにしている人もすくなくない様です。

司法書士の助けで自己破産も完了

|

裁判所を通した手続きがマストとなる自己破産は自分では難しくでも司法書士の助けがあれば、無事に完了する事でしょう。

自己破産をするにおいて、役所でいろんな書類の取り寄せをしないといけない様ですが、司法書士は業務として代行する事が法的に許可されています。

ですので、平日に役所に行けない人でも、司法書士が代行する事で、問題なく自己破産を完了する事ができます。

また、司法書士は自己破産の他にもあらゆる借金問題を担当しますので、いろんな事を知っているという事が考えられます。ですので、自己破産をするという時に何か心の中でひっかかる事などがあれば、司法書士に聞いてみると教えてくれるでしょう。

人によっては個人再生の費用は厳しく感じられる事もある様ですね。少しでもお金があれば返済に使いたいと考える人が多いかと思いますが、返済できなさそうな時には、思い切って個人再生の費用を捻出して、手続きに移る事も必要かと思います。

ですので、個人再生にも費用が必要であるという事を知った上で、余裕を持って手続きを行える様にしたいですね。

ぎりぎりの状態であれば、個人再生の費用すら捻出できないという事も考えられます。

費用の事を考えて、実際の個人再生へとアクションを起こすのであれば、早期に行っておく様にしたいですね。念のために、遠い将来の事についても考えておく事が大事かと思われます。

モラハラ離婚で悩む人は相談を

|

すでにモラハラ離婚をしたいと決めているので、その方法について教えてほしいという人だけが法律家の所に相談に来るのではありません。

中には、モラハラ離婚をすべきかどうかという事で悩んでいる人が相談する事もあります。

最終的にモラハラ離婚をするかどうかという事は、自分で答えを出す必要がありますが、相談する事で勇気を出して決断できたりする事もあるかもしれませんね。

モラハラ離婚をせず、何とか結婚生活を継続できればいいですが、我慢できない時にはモラハラ離婚が避けられない事もあります。相談するといろんな人の意見を聞く事ができますので、決断の際に参考になりそうですね。

相談を受け付けている専門の機関もあります。

再婚して子供が複数いる場合や、養子となっている場合などには、遺産相続手続きが複雑になりがちです。法律に基づいてきちんと遺産相続手続きを行うためにも、複雑な場合こそ代行を利用したいですね。

法的知識ではなく、個人の主観が遺産相続手続きに持ち込まれると、トラブルの原因になる事もあるので、その様な事を避けるためにも代行は有効でしょう。

遺産相続手続きを代行すると、弁護士が中心となって話などを進めてくれます。

ですので、下手に遺産相続手続きをしないで代行にお任せするというのも一つの手段ではないでしょうか。家族との関係はこれからも長く続きそうですので、必要性を感じたならためらう事なく代行を利用する事を家族に話してはどうでしょうか。

急ぐ必要がある過払い請求

|

過払いが発生した理由はグレーゾーン金利だと考えられます。グレーゾーン金利とは、出資法と利息制限法で定められている金利の差の部分を指します。出資法と利息制限法とでは、上限金利の制限が異なっていたのです。

この間の金利をグレーゾーン金利と呼ぶのですが、グレーゾーン金利が発生していたことによって過払いが発生したと言えるでしょう。2006年には出資法の上限金利が20パーセントに引き下げられました。

この法律の改正によってグレーゾーン金利が撤廃されましたから、今後は過払いが発生する可能性はなくなりました。では、改正前に発生していた分はどうなるのでしょうか。改正前に発生していたものに対しては、現在でも過払い請求を行うことができます。

改正前であっても高い金利が適用されて、利息を払いすぎていたということには変わりがないわけですから、それを返還してもらうのは当然の権利だといえるでしょう。ですから、現在ではグレーゾーン金利が撤廃されていたとしても、まだまだ過払い請求が行われる可能性はあるといえるでしょう。

もしも過去にキャッシングなどを利用していたのなら、過払い請求によってお金が返ってくるかどうかを確認してみる価値はあるでしょう。

事業に失敗してしまって借金が膨らみ、その事が原因で債務整理になる人もいる様です。

事業に投資する際には、後で回収できるだろうという事で多額の資金を導入してしまう人もいるでしょう。事業に利用するのであれば、少しの金額ではなく、かなりまとまった資金が必要になる事もあるかと思います。
しかし、そこに落とし穴もあります。儲けがえられない時には、借金だけが残ってしまいます。

事業においても借金をするのであれば、債務整理というリスクは避けられません。確実に返済ができるかどうか、事前によく検討する必要があるかと思います。

無理な計画を立ててしまっていないか、もう一度見直しましょう。

映画

| | コメント(0)
最近映画ばかり見ています。

アニメとかですが。

大人になってから見るドラえもんも面白い。

通り魔

| | コメント(0)

最近ぶっそうですよね...

名古屋で通り魔があったらしいです。

しかも繁華街で。

予備の木

| | コメント(0)

『予備の木』(予告編)